恩納村ダイビングショップのワールドダイビング

沖縄ダイビングライセンスを取得したいという人はたくさんいますが、具体的な手段を把握しているケースは多くありません。そもそも沖縄ダイビングライセンスという資格はなく、実際はCカードと呼ばれるものの取得を目指すことになります。ダイビングの講習を規定どおりに受けた場合に発行されるのものであり、国家資格のような公的なものではありません。民間の団体が発行しているだけなので、本来はライセンスという表現自体が適切ではないといえます。便宜上分かりやすいように、沖縄ダイビングライセンスという俗称が用いられているだけです。
よく混同されがちな資格として潜水士が挙げられます。こちらは国家資格であり、海洋調査などを行うダイバーが取得を目指すものです。ダイビング系の資格では上位と認識している人が多いですが、レジャーで潜る際に役立つものではありません。筆記テストだけで取得が可能であることも大きな特徴です。上記の話を聞くとCカードはあまり意味がないと感じるかもしれませんが、所持していないと空気のボンベを貸してもらえません。つまり、スキューバダイビングを楽しみたいなら必須といえるものです。これは沖縄に限った話ではなく、諸外国でも同様のルーㇽになっています。
また、Cカードを持っていると18mの水深まで潜水が可能になります。したがって取得にあたっては、その範囲でダイビングを行うために不可欠な技能や知識を身に付けることが重要です。そうすることでインストラクターが不在の状態でも泳げると見なされ、規則と経験にもとづいて自由に行動できます。講習は知識を増やす学科と、浅い水深でトレーニングする講習から始めるのが一般的です。後者はプールを使用するケースも多く見受けられます。それらが終わったら海洋での実習を行って本格的に練習する段階にステップアップするのです。学ぶことは多いですが、しっかりと取り組めばテストに合格するのは決して難しくはありません。
沖縄ツアーのなかには、このような講習を受けることを目的としているプランが多く存在します。たとえば、わずか4日の滞在でCカードを取得できるプランもあるのです。ただし、天候が悪いと思いどおりに進まない場合もあるため、返金制度のあるものを選んだほうが良いでしょう。具体的な流れは申し込みさきによって異なりますが、出発前に教材を届けてもらえるケースもあります。その場合は出発前に目を通して基礎知識を身につけておきましょう。安全性を高めるノウハウなどが書かれているので、先に読み込んでおくと沖縄に着いてからスムーズに学習を開始できます。たいていは事前の学習内容を確認するところから始まるので、手を抜かずに予習しておくのが望ましいです。実技の講習ではインストラクターがしっかりサポートしてくるので、泳ぎに苦手意識がある人でも問題はありません。どうしても心配な場合は、事前にスイミングやプールなどで練習しておきましょう。

恩納村ダイビングショップのワールドダイビング